「大切な存在」水についての紹介サイト

水で二日酔い対策

 飲み会や食事の席とかで、ついついお酒を飲みすぎてしまうこと、ありますよね。お酒を飲みすぎると、嘔吐や頭痛といった体調不良を引き起こしてしまいますが、水分の摂取に配慮することで二日酔いの症状を和らげる効果があり、早く体調を回復することにも繋がるのです。お酒を飲むと、お酒は肝臓でアセトアルデヒドを作り、酢酸に分解し、やがては水と二酸化炭素へと分解するのですが、二日酔いの場合は、肝臓で分解処理できる量を超えて摂取されてしまったお酒が、毒性の強いアセトアルデヒドを作ったまま、酢酸へと分解ができずにそのまま体内に溜まるために発生します。アルコールを分解できる能力(アセトアルデヒドの代謝能力)は、個人の遺伝的体質によって差がありますので、自分の飲める量や体調の状態に応じて、お酒を飲む量を考えて飲むようにすれば、二日酔いを極力予防することは可能です。

しかし、時には自分の体内で分解しきれない量のお酒を飲んでしまうこともありますよね。そんな時には、水を沢山飲むことで体内の代謝が活性化して、血液中に残ったアセトアルデヒドの濃度を薄め、尿とともに対外へ排出してくれるため、症状の暖和へとつながります。なお、シックハウス症候群の原因として問題視されている物質も同様に建築資材から放出されるアセトアルデヒドという同じ物質が原因とされているため、水分の大量摂取によってアトピーなどの症状が緩和されるともいわれているのです。もちろん、お酒の摂取量にも注意が必要ですが、お酒を飲む前に事前に水分摂取を心がけ、お酒を飲んでいる最中でも意識的に水を飲むことで、二日酔いの予防効果になるのです。よくウイスキーのストレートなどを頼むとチェイサーといって水が一緒についてきますが、ウイスキーだけでなく、日本酒や焼酎、ビールやワインなどでも、水を飲酒の合間に飲むことで肝臓への負担を軽減することができるわけです。また、ビ−ルなどは利尿作用がありますので、水分の排出量がどうしても多くなってしまうために体内の水分量が不足してしまうため、代謝が鈍くなることでアルコールの分解能力が劣ってしまう原因にもなります。お酒を飲んだ後からでも水分をたっぷり摂取することで代謝を活性化することができ、二日酔いの予防をおこなうことができます。二日酔いの予防には、飲酒の後からでも積極的に、十分な水分摂取を心掛けると良いでしょう。
 食事の面でも、事前に豆腐や豆乳、納豆といた良質なタンパク質を摂取することでも、酵素の働きが活発になり、アルコールを分解する働きを良くします。また、肝機能を高めるカキエキス、スクワレンなど、食前のサプリメントなどを事前に飲んでおくのも二日酔いの予防に繋がります。最も最適な二日酔いへの対策は、お酒の摂取量に注意をするとともに、水の摂取を飲酒の前や合間、飲酒の後に十分配慮するよう心がけて、未然に予防することにあるのです。

水以外の二日酔い対策

 まずお酒を飲む前に、豆腐や、豆乳、煮豆、納豆など良質なタンパク質やとっておくと、酵素の働きがよくなってアルコールを分解しやすくなります。事前にとることが無理なら、飲み始めの最初のおつまみに積極的に注文すると良いでしょう。二日酔いにはサプリメントを事前に飲んでおくのも効果的。肝機能を高めるDNA、カキエキス、スクワレンなど、これらを事前に飲んでおくのがおススメです。また、ビタミンB1はアルコールの分解に役立ち、マグネシウムはビタミンB1の働きを助ける働きがあります。しかし、これらは飲酒後に大量に排出されてしまいますので、アルコール分解を促進するためには、ビタミンB1とマグネシウムの補給をすることができればベターです。お酒を飲んでいるときは、やはり合間に水を飲むことをおススメします。また、二日酔いを軽減したいなら、グレープフルーツにアルコールの分解を助ける働きがあるので、グレープフルーツサワーなんかもいいですね。最初から生グレープフルーツサワーか、途中で切り替えたりして上手にお酒を飲みましょう。二日酔いになってしまった場合は、これはもう水を十分摂ることを心掛けるしかありません。アルコールの分解には体内の水分が消費されるため、十分に水分を補給しておかないとアルコールの分解が滞ってしまい、脱水症状を起こす危険性も出てきます。脱水症状になると、アルコールが分解されにくくなるばかりか、血液がドロドロになりやすくなります。飲みすぎは二日酔いだけでなく、命に関わることもありますので、二日酔いになったときは水分補給することを忘れずに行ってください。

Valuable information

Comfortable Mansions
http://www.hzyjmm.com/