「大切な存在」水についての紹介サイト

水のダイエット効果

 成人の場合、人間の体は約70%の水でできています。これは平均的な体型の場合をいい、太っている人の場合では、平均的な体型の人に比べ、水分割合が少ないことが分かっています。肥満体型の場合は、水分の割合は約50〜60%までも低くなるといわれているのです。「水太り」という言葉があり、もちろん例えば100ccの水を飲むことで体重が100gの増えるのは当然ですが、水をどんなにたくさん摂取したとしても摂取した分だけ脂肪に変わる事はまったくありませんし、余分な水分は汗や尿として外部に排出されますので、水分摂取によって皮下脂肪が付く原因となることはないのです。また、逆に水を多く摂取することで胃がいっぱいになることから、満腹感が満たされ、食欲が減退することでダイエットにつながる結果になります。

脂肪燃焼や摂取カロリーの吸収を抑える効果までは期待できませんが、水をたくさん飲むことは、体内の基礎代謝を上げる事に自然と結び付き、また、体内の過剰な塩分が尿として排出もされますので、むくみの解消や高血圧、糖尿病の予防といった内臓機能の正常化を促す効果が期待できるのです。普段あまり水分の摂取をしていないという方は、飲食店やレストランで経験されることも良くあると思いますが、特にのどが渇いているという訳ではない状態の時でも、気が付けばコップを手に取って口元へ自然に運び、水を飲んでいる経験はないでしょうか?自然に目の前にコップを置いておくだけでも驚くほど水分摂取できたりしますので、水分の摂取量が気になる方は、是非一度、試してみてください。そのような方法を通じても、適量の水分摂取を続けてていくことで、体の調子やバランスが調整されていくのを実際に感じることができるでしょう。
また飲むなら美味しい水のほうが良いといいう方には、家の蛇口に浄水器を取り付けるのも良いでしょう。浄水器の通販で買うことも出来るのでお奨めです。

水のダイエット方法

ダイエット  水の摂取量は一日に1リットルです。普段生活していて、よく水分を摂る人であれば簡単にクリアできる量ですね。コップにして大体5杯位の量を一日のうちに摂るわけですから、けっして無理な量ではないと思います。そこで水の飲み方なのですが、まずは朝起きたら一杯お水を飲みましょう。寝てる間に汗をかいているので、水分補給としての役割り、そして血液の流れをスムーズにしてくれるので、腸に刺激がいき、自然な便通をもたらしてくれます。後、空腹に水を入れるだけで胃液を薄め、過剰な食欲を抑えてくれますので、食事の前にもコップ一杯の水を飲むとダイエットには効果的です。もちろん有酸素運動で、エネルギーを消費するときにも水は必要なものといえます。運動前は適度に、運動後は多めに水を飲むように心掛けましょう。それと、お風呂の後にも水を必ず飲むようにしましょう。入浴中に出る汗と一緒に、カルシウムやマグネシウムなどを排出してしまっていますので、カルシウムなどを含んでいるミネラルウォーターなどは最適です。
 まぁ、これは当たり前なのですが、せっかくダイエットとして水を飲んでいるのに、ジュースを飲んでしまうと台無しになってしまいます。水以外であれば、お茶やノーカロリードリンクを飲むようにしましょうね。水ダイエットは、すぐに効果が現れるようなダイエット方法ではありません。むしろダイエットを助ける、減量の味方という認識のほうが正しいのではないでしょうか。ですので、有酸素運動と合わせてダイエットを試みてみる方がいいでしょうね。

recommend